MiniITX

余ったパーツを流用しSkyLake PentiumローエンドCPU G4400でMini ITXの比較的省スペースPCを組み立てSandyBridge2600Kから移行しました。

gallery-metis-w01big

【OS】Windows10 Pro 64bit
【CPU】Intel® Pentium G4400
【CPUクーラー】サイズ 虎徹 SCKTT-1000
【M/B】ASRock B150M-ITX/D3
【メモリ】 DDR3-1333 4GB 2枚(8GB)
【ケース】RAIJINTEK METIS Mini-ITX PC Case
【電源】CoolerMaster V550 Semi-Modular
【グラボ】オンボード
【SSD】SSD120GB

メモリ8GB、VGAはオンダイのIntel HD Graphics 510、ストレージはSSDの120GBのみとPC利用は、ほぼネット、メールなので十分でげす。ワットモニタ読みでアイドル11W、フルロード30W、通常使用で20W程にモニタ14W、無線LAN親機 3W前後でトータル40W程くらいでしょうか。レンダリング、画像処理等用の作業用PCとわけました。SILOならばこのPCで十分だと思います。

とりあえずベンチマーク

DQ10

g4400

軽めのゲームは出来そうで、レンダリングは出来なくもない感じ。

hideout