2

アップグレード

wordpress2.7へアップグレードしました。

2.6と比べると読み込みが若干軽くなったような気がします。

管理画面のUIがゴロっと変更されていました。

デスクトップパソコンにUbuntuを入れたり消したりを繰り返すうちに2度Vistax64のパーティションを飛ばしました。これに懲りてLinuxはネットブックのみの使用に限定します。

hideout

2 Comments

  1. WPの自動アップグレードできるってので嬉しいかもって思ったのですが、(当たり前っちゃあ当たり前なんですけど)FTPを使うんですね。
    ウチのサーバーはFTPを外部に公開していないので相変わらず手動でやることになります。
    FTPポートを外部に公開するとポートとアカウントのスキャンが煩くなるし、SSLは面倒だし・・・(笑)。

    サーバーOSはRedHat,Fedoraと使ってきて今のところCentOSで落ち着いています。Ubntuもダウンロードだけはしてるのでそのうちデスクトップで遊んでみようとは思ってます。(内蔵式のSATAリムーバルケースなのでVistaのHDを抜いておけば壊すことも無いだろうし。)

  2. なるほど自鯖かつFTP無効の場合ではローカルの作業ですか、それはちょいとメンドクサソウですね。RHEL系がまだサーバー用途では根強いんでしょうか、CentOSは枯れ切った感じがありますね、そのぶん軽く安定しているのかなと想像します。

    Ubuntu8.10 Desktop x86 日本語、8.04LTS、ネットブック版、gOSなどデスクトップ版で遊んでましたが、数年前に比べると驚くほど敷居が低くなっているのに驚きました。Acer Aspireoneでは無線LANを再設定するだけでほぼ全てのHWが使えてしまうし、Poserしなければ十分事足りますね。ご存知のようにVistaのパーティションは余程の事がない限り壊れたり、壊したりしないのですが、Grubのことを良く知らなかったために2度もやってしまいましたw

    Vista>Windows7で相変わらずグダグダやっているといずれソッポ向かれても仕方ないところに来ている感じですね、Win7の開発にKDEの開発者も参加しているようですし、x64化含めて企業でも使えるOSになってほしいところです、やはり使い慣れたWindowsは。

Comments are closed.