いつか

Untitled

いきなり、この時点であちきには無理だとわかりました。

補助輪つき子供用自転車に乗っているのに、いきなり大型自動二輪に乗ろうとするようなもので手も足も出ないと言うか脚が届かない…所詮プリミティブを積み木したものしか作ったことがなかったのだと実感。その粋に達するときまで資料を集めておこうと思います。

Untitled

ちょっと悔しいのでいたずら書き。

hideout