Gene Mapper

Gene Mapper -core-著:藤井 太洋

キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)文学評論部門で1位の「Gene Mapper -core-」著:藤井 太洋

http://www.amazon.co.jp/Gene-Mapper-%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC-ebook/dp/B008KSN2F4

農作物の多くがメーカー製の「蒸留作物」に置き換えられつつある2037年。作物の遺伝子をマークアップし、外観を設計するスタイルシート・デザイナー、林田のもとへ「ジャパニーズ・サラリーマン」を演じる黒川から調査依頼が入った。カンボジアへ納品したスーパーライス、SR-06に描いたロゴが崩れ始めたというのだ。原因はコーディングのミス?アップデートの失敗?それとも……原因を探るため、林田は「キタムラ」と名乗る人物に誘われ、2014年に封鎖されたインターネットが生きている街、ホーチミンへ飛ぶ。フルスクラッチで作物を作れるほどの遺伝子工学、現実と見分けられないほどの拡張現実が当然のものとなった2037年。たゆまなく前進する科学技術は人類の繁栄を約束するのか?ハイスピード・ノベル「Gene Mapper」が問う。

いきなりソフトウェアのようにコーディングできる「蒸留作物」という概念とか、???な用語が矢継ぎ早にバンバン出てきて、一体何の話をしてんの??状態のまま物語がどんどん進行しるうちに、なんか盛り上がってきてニンドスハッカッカ、マー!ヒジリキホッキョッキョ!トーベトベトベガッチャマン〜、ガ〜ッチャマンニマケルナ、マケルナガッチャマン、ワ〜!みたいな、さらりまんサイバーパンクSFでたまらんかったです。(※ちゃんとしたストーリーです。)

ところで、この本の表紙の人物どこかでみたことある感じです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B008KSN2F4/ref=dp_image_z_0?ie=UTF8&n=2250738051&s=digital-text

あ、これもしかして、と公式サイトを見ると

http://genemapper.info/

Poser9、Pro2012フィギュアのTomoぽい

tomo

藤井太洋氏インタビュー
http://blogos.com/article/50625/?axis=&p=1

藤井太洋氏(以下、藤井):私は現在、イーフロンティアという会社で、「Shade」という3DCGソフトの開発指揮などしているサラリーマンです。

まじですか。それ以前はグラフィックデザイナー、さらにそれ以前は印刷会社とのこと、Gene Mapperの装丁も公式サイトもご自身によるものとのことでした。

そういえば拡張現実の描写に3DCG用語が普通に使われてました。

PoserつながりKDP部門では

http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E4%BA%80%E6%BA%90%E4%BA%94%E9%83%8E%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86SINGLE-%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%A4%9C-ebook/dp/B00BHHKBNG/

 

hideout