ブレちゃダメだ

昨日の大型本 やっぱり見る気が…

優れた写真を撮るということは、高価なカメラを買ったり、たくさんの道具を揃えたりすることではない。大切なのは、写真家自身がどのようにして対象を見たり、関係を持ったり、いろいろな技術や方法を駆使したりして優れた写真を撮るということだ。天性の才能で優れた写真を撮ってしまう人もいるが、ほとんどの場合写真が好きだという情熱や、実践経験によって蓄積された知識によるところが大きい。(序文より)

以前は3,800円(新品)ほどしたものがアマゾン中古Aランクで200円の教則本(大型本)。デジカメ以前のものですが特別な奥義やセンスを必要とせず基本をきっちり解説してあり、しかも作例がとても良く、ヘジッコー先生が撮っているところの写真と解説セットになっていて、こんな写真が撮れたらいいな、あぁこうやって撮ればこんな結果が得られたりするのだなと思わせる内容だとおもいます。

■昨日は1,000枚ほど撮ってブレたりで写真の良し悪し以前のものが300枚出来てしまいました。

↑↓一脚つかっているのにこのブレはないだろ…

ここからは「どーすんだこれ」↓

ブレてないように見えますが、同様の写真をこれの他に5枚撮ってました。

Poser背景画像に活路を見出せるかも

まー、これはこれで面白いんですが

自由の女神と同様のテイストレス

まー、これもこれで面白いんですが、「体の不自由な方でも八十八か所めぐりと同様のご利益云々」だとしても、この手の発想には気が滅入ります。そんなこと言ったら浄土真宗はチート教になるかもしれませんけど。

こんなものばかり300枚も撮っていたはイカン崎!ということで、これからは今までの2~3倍の時間をかけ落ち着いて撮るようにしようとおもいます。一日で300枚も撮れたら十分ですしね。

SONY 1インチ裏面照射COMS搭載ハイエンドコンパクトデジタルカメラDSC-RX100発表

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120606_538091.html

パチライカぽい形状がイカす(死語)外付けEVFしなかったのは潔いっす。

http://www.focus-numerique.com/sony-rx100-capteur-20-mpx-1-pouce-28-100-mm-1-4-9-650-euros-news-3371.html

沈胴根元に絞りリングがあるようでそこは使いやすそう。

早くもDPの作例もあがってます。

http://www.dpreview.com/galleries/reviewsamples/albums/sony-rx100-preview-samples

低ISOなら「等倍でも見られ」ってやつでやんすか、いいですねー、欲しいなぁ。しかしDPの中の人は常に巧いでげすなぁ、どんなカメラでも良く見えるんでげす。でも実売7万円前後とかGX1キットよりもお高いんですか…

■練習

 

 

hideout