まつりのあと

相生ペーロン祭

柵前は三脚を立てた白鉢巻や黒い長玉がずらり。こういった恒例行事の写真をコンテスト用の押さえとして撮ってるのでしょうか。漕者の身内ほど携帯やコンデジで撮っていたりするんですよね。わたしは標準ズームしかありませんのでドラゴンボードをメインで撮ることは最初からあきらめています。人物多目につき画像サイズを縦横450以下、露出を暗め(GX1デフォルトでそうなるんだけど)にしています。

カメラ置いたままどっかに行っているとか日本ならではの光景ではないでしょうか。「和風」とはちょっと違うか…

かなり後方からだけどきっと常連さんで私的にかなりいい定点ポジションなんでしょうね。

黒キャップの御仁のカメラはバケペンでした。

むろんPoser背景用画像を(撮る)漕ぐ手を休めてはいません。

↑フェスティバル会場 哀愁とともにホッテルカールフォニャッ演奏中でした。

↑残念ながら80年代リスペクトなバイクツーリングチームのユニフォーム姿はどこにも見当たりませんでした。逆に今どき見れるなんてコスプレに違いありません。この辺で家からマニュアルフォーカスにしままだったと気がつきました(手振れ補正もOFF)。つまりパンフォーカスで撮っていたのかも。どうりで合焦マークなしにサクサクレリーズできたわけだわ、それでも十分とれまんがな、とおもいます。

閉店時間(PM3:30)前の文字通り叩き売りしてました。

屋台販売の新機軸か。「あ?」っとガン見してくるかもしれないテキ屋のにーちゃん売り子ちゃんに返品する勇気があればですけど。

アート気取りのkうs…

■iPhone4Gを車の屋根に置いたまま岡山から帰ってきて紛失、そのバックアップ用のiPhone3GSは水没し、さらにそのバックアップのiPhone3Gを今使っていますが、車載用のUSB接続できるプレイヤーがなかったので

Nexy 32GB

を1,980円で購入。というわけでBlogといえば購入品をBOX開梱からするのが定番ですので、ってあれアフィリエイトやってないと意味ないか…あと写真(カメラ)趣味でよくみかけるのは毎日食べたものを公開するとかあれ医者に食事制限受けてるとか健康管理の一環なんですかね、まロクなもの食ってないからUPする写真も撮れねーんでげすが

デカデカと32GBの文字があります。

付属品は本体、イヤーホン、ミニUSBケーブル、CD-ROM(どうみてもCD-R)、取り扱い説明書。

LEDライトセーバー撮影では自発光するカラー液晶をうまく撮れません、これは省エネモードで一瞬明滅していたのでうっすらと画面が写っています。

これの仕入れ価格はたぶん800円くらいだと思います。

液晶部はよくある製品パンフレットみたいに「はめこみ画面」にするしかないでしょうか。

使い方などは…あ、マイクロSDカード持ってないかった。しかしパッケージに32GBってあれば勘違いするだろこのやろう(下に小さい字でマイクロSDHCカードは付属していませんとか書いてありました)。

hideout