その腕がないならば

写真の「腕」はカメラなどを変えたところで一向に進歩や変化がなく、むしろ高性能なはずの機材を入手したゆえの期待を大幅に裏切る結果に凹むというテイタラクを量産するのがおなじみですが、同じ糞写真を量産するならブレの少ないほうが良いに越したことはありませんね。

というわけで先日入手した一脚が思いのほか効果があったようなので安価でより良いと思われる一脚を入手しました。

ULTRA STICK M53Q

こちらの記事にあるウルトラスティックM53の後継機種で、新型はクイックシュー付き自由雲台になっているものです。使い方は従来一脚と同様、変更点はクイックシューでカメラの着脱がワンタッチで出来る事と、各段ごとのロッックレバーがなく石突を捻ることで伸張か可能になり、よりスピーディーに確実に糞写真を量産できるメリットがあると想像します。

アート気取りの糞サンデーカメラマン(笑)としては三脚のみならず一脚も使用不可、使用がはばかられる状況可でも糞シャッターチャンスを逃したくないものですね。(すこし自己弁護するならば、わたしはアートを気取るつもりはなく記録写真が取りたいだけなんですけど。)いづれにしても「糞写真量産型気取り屋」と言ったほうがより正確かもしれません。

さておき、そういった時のために↓を入手しました。まずは世界中のみんながサルのように再生しまくっている大好きなYoutubeにある下のビデオ見てください。

1lQzaeesTdQ?version=3&feature

すばらしいですね!前屈したときに垣間見えるおっぱいの谷間が…

ではなくてワイヤーにテンションを掛け、Y軸方向に対するブレを軽減できるアイデアがすばらしいですね。あと商品の宣伝のためか、ネーチャンは商標ラベルが見えるようにカメラを構えてますが、そのやり方では効果が減少しそう…やはりしっかりと構えるならこう↓でしょう。

watch?feature=player_detailpage&v=eMo995FHUls#t=69s

SteadePod

送料税込みの2,180円。どうも少々「慣れ」が必要なアイテムのようですが、コンパクトとは言え一脚を使っていると「たまの休日にがんばっているおっさん」スメルを撒き散らしている気がしますので、おっさんの完全体になれば成るほど、こういったさりげないアイテムが切に求められるのではないでしょうか。

まだ使ってませんが、コンパクトカメラでも程よい効果が得られるだろうとおもいます。

hideout