Pro1

GWが終わってしまう…今日は帰省ラッシュの渋滞を避けたいので近場です。

寝違えて首がまわらなかったうえに一脚2台で移動しながら撮るのは何かに試されている気がしました。

PowerShot Pro1につけた一脚は雲台がないのでそのままでは縦位置で撮れません。GX1につけた一脚と同じものにすべきでした。

■Pro1は最小ISO50の固定、ACDSeeではExifが正確に読み取れないようで、SS,f値がなくISO50が100と表示され焦点距離もおかしくなっています。色相などはRAW現像ソフト如何で変わってくるとすれば特に気にすることはないとおもいます。とはいえ、ACDSeeデフォルトでは色相がかなり変になっていましたのでACDSeeで現像すべきではないのかもしれません。

追記:縦800pixの画像を600pixまでにLightroom4で変更しました。

屋根が切れているのが気になります。そして条件が違うので相変わらず何の参考にもなりません…

これらを見て思うのは、最低でも縦横くらいは揃えとけボケ、ということでしょうか。

 

細かく見ればPro1は800万画素というのもあり1,600万画素のGX1+PZ14-42よりもやや甘く柔らかく見えるかもしれませんが、縮小すればPro1もGX1も出てくる画像には大した違いがないなぁ、もしシャープな感じにするならば現像パラメータである程度まではどうとでもなるんだろうなぁ、という感じです。ボカす写真よりも解像してくれるほうがありがたいと思う方なので「コンデジといえどLレンズはヌケが違う」とかわかりませんです。Pro1をISO50固定にすると日陰にはいったとたん手持ちがキツくなるような気がします。カメラが何であれ写真を撮るのが主目的ならば三脚や一脚などを持ち運びたいとおもいます。一脚すら使えない、または使用をはばかられる状況、場所等ではやはり高感度に強いGX1がいいとおもいます。というわけで今のところPowerShot Pro1を持ち出す理由は84mm以上の望遠域を使う場合しかないでしょうか。

hideout