節度あるレッタチをめざして

過ぎたるはなんとやら、というわけで

ややもすればやり過ぎてしまうレタッチを人物PSD専用作成ソフトの出力データの元情報をなるべく損なわぬよう最小のレタッチ(背景合成、影追加、明度彩度色相の調整)程度に留めました。

また、「ゆがみ」を使わずに人物PSD専用作成ソフト内で出来ることは済ませんと、SILOと初連携プレイをいたしました。よしんば結果は伴わずともさういう意味では少しは得る処があつたのだと思う。

sRGBに統一することにしました。

hideout