2

6/16

↑を見てどこかで似たようなのがあった気がしたのでロチカに投稿したものを見ると(元データはHDDクラッシュで霧散)

投稿時のjpgは眠くみえたのでちょとレタッチしましたが、今も2005か2006年ごろと代わり映えしないような。

(IE9で見るとまっかかでげすねえ、まぁAdobeRGBのプロファイル埋め込んだJpgをふつー使わんでしょうが。)

背景画像はグラデマスクなしに一律ボカシ、しかも彩度がすごく高いでげすね。

いろんな粗もあんまり今と変わってない気もするし、Poserの初期衝動が衰えた現在って一体…

反省を踏まえて作業中のファイルの彩度を上げてみました。

今的には許容外に濃いです。どうしたものかなぁ。

レンダリング速度とか向上したところのIEで見ると殺意すら覚えます(笑)。

しかし、IEはいつになったらカラーマネージメント対応してくれるんでげすかい?(6/25訂正:IE9は条件つきながらICC ver.4対応しています)

味覚と色彩については論じないといわれた古代ローマ人じゃないんでげすから。

hideout

2 Comments

  1. >味覚と色彩については論じないといわれた古代ローマ人

    味覚音痴で色弱気味な私としては、圧倒的にローマ人を支持します。

    • 話はすこしズレますが、私使用のWindows Vista下での、IEではなくOSレベルでカラーマネージメントがサポートされていないこと、対応アプリのみsRGB以外も適正に表示されるところが、旧型の高色域モニターをメインで使うユーザーの悩みどころなのだろうとおもいます。ここはsRGBモニタで使用したていた頃は意識しなかったところですね。現行型のNECの高色域モニタではようやくsRGBモードも使い物になるレベルのようで、そのへんメーカーもちょっと言及してほしかったというか、勉強不足でした。

      流転四界ぶろぐ ガンマのはなし その3
      を読むと「sRGBしか表示できないモニタでAdobe RGBで撮った写真をそのまま開くと、くすんだ色になってしまう。」、sRGB環境でAdobe RGBの画像をそのまま(カラーマネージメントを介さないで、無効、もしくはプロファイルが埋め込まれていない)とのところ、Adobe RGB画像をWeb用途にするにあたって以前このブログで確認していたような気がします。説明不足でしたが、今回のAdobeRGBモードで作業した画像をカラメネージメントを解さないソフトで高色域モニタのAdobeRGBモードで表示した場合、色が鮮やかになってしまうということです。
      AdobeRGBモードRAW、同PSDの管理ブラウザにACDSee Pro3を別途買うハメになったし、なんかメンドクサイです。キャリブレータとソフトは4万円超えるので買ってられません…IPS液晶買えるってば。
      MACはそこがうらやましいですね。

Comments are closed.