2

でもそれって僕の愛なの

-KHD- 3DCG

デイトナ氏サイトにて プロジェクトDokuro 撲殺天使ドクロちゃん(にあみい) コンストラクションキットが配布されています、版権キャラなので こっそりとのこと、いつまで入手できるかわかりませんので お早めにぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~

あと ケメコデラックス! が始まりました、最近ではXXXHOLiC でおなじみの水島努監督によるドクロ+ハレグゥのようなスラップスティックですね。

とりあえず 今期の新番組で すごいと思ったのは キャシャーンSins  でした。

hideout

2 Comments

  1. XXXHOLiCを見ている闇宿さんは想像がつかないなぁ。
    もっとも、闇宿さんもXXXHOLiCを見ている私は想像つかないかも知れないけれど(笑。面白いのがないかと深夜テレビを徘徊中。黒執事が面白そうな。あとは、萌えを勘違いしているのが多いなぁ(苦笑。

  2. わたしは「オタク」という意識がまるでないのですが、私の周りの同世代の中ではアニメを見ているほうだと思います。
    在五堂さんが見ているというのは最初は意外でしたが、昔はよくて今はダメという見方をされてないほうが、意外でした。在五堂さんの世代には「マンガやアニメは子供の見る取るに足らないもの」というイメージがまだまだ濃いんじゃないかと思います。
    薄給ながらも唯一無二な無形文化財級のクリエーターの多いジャンルで、高い壁の内側の閉じた世界で安寧を得ようとしている自称「芸術」よりも面白いとおもっています。

    萌えを未だに前面に打ち出すアニメはあざとくて鼻につきます、水島(努)監督作品は「萌え」であっても突き抜ける勢いがあったりして、見れるんじゃないかとw

    出崎統監督がエロゲー原作の劇場版を作っているのをみると感慨深いものがありますね、残念ながら「敗北」しつづけているように見えますが、大御所と呼ばれても未踏のジャンルに挑戦している様には敬意を払います。最新作「ウルトラヴァイオレットコード 044」時代遅れで、いつもながら低予算で痛々しい作品でしたが、目が離せない魅力がありました。
    以下某所からの転載

    「単に感情の機微や思想の衝突を描きたいだけなんだな。
    筋が破綻していようが、ご都合だろうが、どうでもいいという作り方だ。
    これが失敗作だとしても、俺はそんな出崎が素敵だと思う。

    847 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/09/17(水) 03:19:44.38 ID:UUm+hGfv
    >>844
    うん。うまくやる人はいるかも知れないけど、
    ここまでてらいなくパンツ脱ぐ人はそういないから、
    そこがいいと思うんだ。

    お手上げだわ 」

    今のアニメは 設定がトンデモ であってもどこか現実と地続きな世界、精神性というのが多いような気がします、多くの人が同意できる、お手軽な安心感、インスタントカマーみたいなもの、キャシャーンSins 異世界の物語、「夢」がありますね、たとえ悪い夢でも。

Comments are closed.