くわい

シャガール展@兵庫県立美術館

シャガール、斜ガール、セガール・・・シャガールの名前しか聞いたことありませんが、見に行きました。
後期になるにつれて良くなる、見ごたえがあったように思います。
私の「見方」はいつも説明書き、年表、タイトルなどの情報を読まずに最初から最後まで駆け足で見て、なにか引っかかったところをもう一度見るといった「赤瀬川原平」見です。
というわけで牛舎みたいなのに大きな目が書かれた緑色が支配的な夢の中の、憧憬、想い出のロシアの故郷の絵 がいいなと思いました。タイト不覚。

コロー@神戸市立博物館

コローです、名前をどこかで聞いたような気がしますが、どんな絵なのかイメージは一切ワキマセン。COROTのTは発音しないのか とおもいました。
一枚目の風景画で、空気感、体にまとわりつく風のようなものを感じました。精緻というよりも荒いのに精密に見える、コロット騙される、お師匠さんみたいな描き方。
風景画の人物はProp並に小さい扱いなのに目立っている、取捨選択がすごいうまい、当時の人々は「粋」みたいなのを感じたのでしょうか。コローの絵 「見た」感はシャガールよりありました、既視感ではなくて。

途中「大三国志展」を関西国際文化センターでやっていたので覗いてみました。超満員でとにかく見れない、三国志は横山マンガで読みましたがずべて健忘でなにがなにやら。
なんで武者ガンダム売ってるんだよ、コーエーの絵があって、あーあれだ~と思いました。ここのおかげで美術館と博物館が空いていたので、それが良かったです。

帰宅後AMAZONで買った中古のジャミロクワイのCDが届いてました、「The Return of the Space Cowboy」とか中古で1円、送料340円とレンタルするよりいいなこれ、ほか4枚買たけど計3千円いかないし。

iPhoneのファーム2.1にアップ、様々な「劇的な向上」が見られるとこのと、ほんまかいな~。2.1の「脱獄」はまだリリースされてませんね、MXつべ使えねーし。

hideout