2

その4

まだ続く・・・

■珍味屋の特売セールの帰りに、NEX-5のズームレンズで撮ってきた。
ガラスのハートが砕けないように予防線を張っておくと、私は写真が下手だ。おまけに、センスのかけらもない。フォトログにあるようなキレイな作例を見ると、なんだか落ち込む、とりわけ同じ機材で撮ったと判れば、なおのこと。「なんで、そんなにツマラナイ写真が撮れるのか?」と不思議がられるが「背景写真というものは見て楽しめるものじゃない」といった「Poser用の背景画像」という口上がなければ、とっくに心は折れていたと思う。ビバ!Poser!
「背景画像ばかりを撮っていたから、次第に腕が鈍った、今でも本気を出せばソレナリ。」と言いたいところだが、常日頃から精進していない才能のない者が急に「本気」を出した程度では、力みすぎてかえって劣化してしまうのはお約束。夢枕に賢者から「あなた様は実はXXXの生まれ変わりなので、ぜひとも悪魔からこの世界を救ってほしい」と聖剣を托され、実際にエクスカリバーみたいな骨董が枕元に置いてあった、どうしましょ?等といった妄想は、「いつか白馬に跨った王子様が迎えに来ると夢想しつつ、ヤリチン野郎に散々跨られてしまう」といった末路をたどるのかもしれないけれど、まーそんなことは置いといて。

■底辺Poserのデジカメ選び その4

ミラーレスAPS-C一眼デジ α NEX-5を絞り優先で使う予定だったが、「おまかせオート」の出来が良く、というよりAモードを私が弄るより良い結果が得られる。(って、ちょっと凹むんだけど…。)曇天、日陰で「おまかせオート」だとカメラはf値を開放よりで使おうとするが、テレ端の最小f値はf/5.6なのでPoser背景的には十分といったところ。ワイド28mmは便利だが、歪曲収差を考えると可能ならば寄らずに中望遠域で引いて撮ったほうが後々楽だ。背景画像にする場合、「ボケ」たものより解像しているほうが、なにかと取り回しがいい。必要ならばPhotoshopでぼかしてしまえる。おまかせオートは測光方式やDRのかかり、マクロモード、人物モードなどをシーンごとに自動判別してしまう。たとえばマニュアル操作で測光方式を変更するとき、NEXのUIの深い階層を辿らねばならなく、屋外で液晶モニタと睨めっこしながら操作するのは、しちめんどくさい。デフォルトではややオーバーぎみに露出するところは、RAWならばある程度何とかできるだろうとおもう。

NEXはAPS-Cレンズ交換式ミラーレス一眼レフとしては最小の部類で、高感度撮影にめっぽう強いようだが、Poser背景画像用に必要なスペックというわけではない。むしろ最小f値以上絞ると小絞りボケするくらいのコンデジのほうが、何かと便利かもしれない。レンズ交換式といっても2010/08/07現在、交換レンズは16mmと18-55mmの二本のみ、55mm以上の焦点距離の撮影が出来ない。今のところ、高感度が必要な場合にNEX、それ以外をコンデジで賄うのがいいかもしれない。最近のコンデジは歪曲収差を補正するものもあるようだし。

というわけで、次はPoser背景画像のコンデジ選びをしようと思う。

WPのアドオンの一括画像挿入を使ったら、一部LightBox拡大が利かなくなった。まーええかー。

言うまでもなくすべての画像は著作権放棄(常にそうだけど)

■NEXにオートHDRモードというのがあり、もしかしてあのHDRIがひり出せるかと期待したものの、8bitJPEGで出力されるというもので、それではPoserのHRDIにそのまま使えない。

3枚ブラケティングしたRAWをPhotoshopで「HDRに統合」してみた。三脚に設置して7.8枚ほど段階露出するべきなのでしょうが、手持ちでは3枚が限界。

手持ちの場合、魚眼レンズを使えばPoserのHDRIとして、素のIBL以上の使い道があるかもしれない。

上の画像クリックでHDRIをダウンロード。素材としてはもっと空をいれたいところ。

後々16mmレンズ+魚眼コンバージョンレンズを入手してみたい。

hideout

2 Comments

  1. ウツボカズラから、栗饅頭の流れになんか意図的な物を感じますが、そんなことはさておき。
    NEX-3/5、デジカメにほとんど興味のない自分が「いいなー」って気になってたカメラなんですけど、デジカメなんてほとんど触ったことの無いような自分みたいな素人が、いきなり突撃しても大丈夫なシロモノでしょか?

    • 何ら恣意的な配置をしていませんが、そう思われても仕方ないから、文句は言いませんよ、このやろう。それはさておき。
      NEX-3/5は私のような「中途半端な知ったか」よりも、「興味がない」方のほうが使えるカメラだと思いますよ。カメキチが「アレがない、コレの設定がやりにくい」と立ち止まるっている間に、そんなのどこ吹く風とガシガシ写真を撮れるみたいな。
      Wレンズキットを買っても、普段はズームレンズ使用になるとおもいます、ボディは小型でもレンズ付きだとソレナリですから、当然携帯性はコンデジに劣るでしょうね。まぁ、一眼みたく「キャメラ(笑)持ってます!」にならないから気に入ってますが。
      NEX-3と5の違いはボディ形状の違いとワイヤレスリモコン、フルHD動画撮影の有無(3はHD動画)で、カシオさんがどのような状況で使われるのかわかりませんが、もし「ハメ撮り」もなされるのならNEX-5を押します。ちなみに現時点でNEX以上に高感度撮影に強いコンシューマ向けデジタルカメラはないでしょうから、薄明かりのムーディーな桃屋敷でも、もうバッチリ!だと思いますよ。なんとなく「背中を押せ」と言われた気がしたので、突っついてみました。

Comments are closed.