3

DecalMaster

RMPDAZで入手できるDecalMasterはUVシームを意識することなく任意に貼り付けできるヘルパーアプリとしてPoserユーザーの間では比較的浅く狭く知られているようです。

簡潔すぎる文字ベースのクイックスターター・ガイドにざっと目を通すだけで、というより読まずに触ったほうが分かりやすいほど使用に引っ掛かりがないソフトだとおもいます。

世が世ならばPoserユーザーの間では絶大な人気を誇ったかもしれない、あの不遇のペガサス・モデラー(いち早く日本語版が待望されますね)のごとくPoserに特化しているようで、DM内でMATポーズの適用、マテリアルの一部の編集、マテリアルごとに非表示、「デカール」のみアルファ・レイヤー出力、OBJ読み込み後にPoserのライブラリからMATポーズ適用などが可能のようです。普通にCR2も読めますがキャラクタモーフは無視されるようで、OBJにMATポーズを当てたほうがいい感じでかもしれません。出力したアルファをMH_SkinBlender2のTATOOに使えるとおもいます。

hideout

3 Comments

  1. なかなか良さげですな^o^
    これてはA3とかにも使えるんですか?

  2. 誕生日おめでとう、花ちゃん。
    背中とか手動でTATOOを貼り付けるとどうもズレてしまうし、調整に時間がかかるんですよね。
    デカマスはA3でもSP4でもUV切ってあればPoserフィギュアじゃなくても使えますよー。

  3. ありがとうございます^-^/

    海外物はあんまり精度を求めては駄目みたいですね^^;
    フォトショップCS4の方が良いように思えますが、今度お金に余裕があったら「デカマス」買って見ますね^^

Comments are closed.