2

新年

□明けましておめでとうございます。

というわけで2010年、キモチも新たに

tn2010

去年の絵に背景を入れました。

新年、Poser的にはPCの全バックアップを2重にとって、2010年用の作業フォルダ作成。

■青木孝允氏の【indigo rose】

http://ototoy.jp/pkg/indigo_rose-AOKI_Takamasa/cd/10318

以前から気になってました。

amazonもiTuneストアでもCDは売ってなくてオトトイでWAVファイル形式にて購入。

タグ打てないのでFLACに変換しました。WAVファイル販売はいいっすね、ジャケがないけどCDいらなくなってしまいます。

■アングルちがい

tn20102

■arovane /cry osaka cryのPVはいいですね。

■ostooandell / 君はまるでダンスしているみたいに

■笑いを噛み殺すC野氏

■AutechreのGantz Grafに合わせて作られた「歪曲」

これ最後が笑えます。

元ネタ。3DCGがきもちいい。

hideout

2 Comments

  1. あけおめっすー
    新年早々ミニマルでGO~~みたいな。

    音楽のデータ購入で不満なのは、「アルバムのデザインとかを堪能する」という楽しみ方が“なかったこと”になっちゃってることですねぇ・・・
    プロテクトかかったPDFでもいいから「アルバム単位で購入したら、ジャケデータも入手できる」って方向に進んでもらいたいし、技術的には何も問題ないはず(たぶん)。

    でも、もしかしてミュージシャン的には、視覚的要素をとっぱらっちゃった「純粋な音情報のみ」の世界のほうがいいのかな?

  2. 親びん、あけおめっす。
    エレクトロニカばっかりだと、すぐに飽きてしまいます。たまには、ということでw
    >>視覚的要素をとっぱらっちゃった「純粋な音情報のみ」の世界のほうがいいのかな?
    ほー、なるほどーて思うけど先読み過ぎなような…単に販売側が考慮してないとかw
    アーティストサイド(w)では考えてる人もいることでしょうね。
    PDFファイル化したアルバムアートも購入者にはDLできるようにして欲しいすね、別途いい画質の画像を探すのも手間だし。

    店頭で手にとることが減って、「アルバムアート込でひとつの作品」の意識が薄くなり、「ジャケ買い」からネット上の評判買いが増えたました。輸入盤買いも増えたし、ダウンロード販売だし、wikiやgoogleあればライナーノーツいらないみたいな。
    CD買ってもPCに取り込み>iPhone転送してCDをもう引っ張り出すこともありませんね。
    味気ないといえばそうですが、場所をとらないのはメリットだとおもいます。

Comments are closed.