VOLT_STUDY_02


Warning: parse_url(http://) [function.parse-url]: Unable to parse URL in /var/www/home/reanimation/public_html/hideout/wp-content/plugins/simple-lightbox/controller.php on line 561

こんばんは、チグリッパです…

というわけでVOLTさんのSTUDY2。
前回と同様、人物レイヤーと背景レイヤー2枚からなるレイヤードPSDを素材にレタッチをするお題ですね。
(いちいち画像をクリックして拡大して見るのは面倒なのでほとんど幅400pix固定。拡大する必要ありません。)

オリジナル画像は1000 x 1450pixel

std2origin

とりあえず背景色を作業しやすいように50%グレーに変更。

(常に背景色を50%グレーにしています)

背景色変更

001

オリジナル素材を見ると、白いスパッツ?が実は「脚」そのものだと推測できます。
マテリアル変更か、レタッチで色を抜いたものかもしれません。
この部分を本来の肌色にするため、乗算で肌色をのせて弄ってみましたが、
どうも、うまくいかなかったので、スパッツの部分を削除して

スパッツを削除したもの

002

別途、脚の部分レンダをして

別レンダ画像

003

合成してみます。

合成した画像

004

肌の色を適当に調整。(脚の部分のみマスクを作成して調整レイヤーを3枚)

ウエストのくびれた感じを出すため「ゆがみ」ツールでちょこちょこ調整。

首↓画像

005

ある程度できたら、胸を強調する「谷間」つけるため、胸だけの別レンダ。
006

それを胸のところに輝度モード100%レイヤーにして不要な部分を削除

(レイヤーの明暗を上下すると違和感のすくない馴染むポイントがあるかもしれません)

007

顔もゆがみツールで調整。ついでに目の色変更。

(目の部分のマスクを作り調整レイヤーで彩度などを変更)

008
なびいた後ろ髪をカット

009

カットした髪を人物の後ろのレイヤーにペーストして回転。

(3枚複製し、位置をズラして量感を増加。)

010

顔の重心を下げるために一部コピー、ペイストしてやや下方へ移動。
ついでに目の大きさを「ゆがみ」で調整。

011

(あ、谷間のレイヤーOFFにしてた。)

012

目にハイライトなどを入れ、左イヤリングをパスで抜いて反転コピペ。
ついでにネックリングが単調なので模様を追加。

(ネックレスのマスクを作成、レイヤースタイルのパターンオーバーレイ)

カタチ的にはとりあえずここまで。

013

つぎに服が黒いので色をつけてみます。

とりあえずわかりやすい赤で服をてけとうに塗りつぶし。

(便宜的に青系、緑系で塗りつぶしことが多いです。)
014
塗りつぶした赤のレイヤーのモードを「カラー比較(明)」50%ほどに。

015

色相を変更

(この状態では「浮いて」見えるので、もし、このまま使うならば「白黒」調整レイヤーの適当なプリセットを輝度モードや乗算、何だって構わないけれど、明度を操作しますが、直接明度を調整したほうが早いのは言うまでもありません。)

016

これでは単調な感じなので

グラデーションレイヤを乗せます。
塗りの色は0にするので何でもOKですよね。

017

018

こんな感じになりました。

019

肌の色を好みで調整。色相彩度コントラストとか。

髪を「覆い焼きツール」>「中間調」で明度をあげたり

服を「スポンジツール」>「彩度(下げる)」でキツイ色を落としたり

「ゆがみ」ツールで赤丸部分を微調整したり

この辺は「お好みで」としかいい様がないです。

02x

ピクセルの変形移動を伴わないレタッチは可能な限り調整レイヤーでおこない、

オリジナルの劣化を軽減、修正を容易にする非破壊で済ますようにしています。

レイヤー統合後のレタッチからブラーをかける傾向です。

(※Photoshop CS4(CS3にもあった?)の非破壊ブラーはスマートオブジェクト化したレイヤー全体にしか使えないので使用していません)

てきとうな背景画像

020

人物のレイヤーと背景レイヤーを合成。

ちょっと傾けたり、ぼかしを入れたりして好みで調整。

いつものように、やるきのない文字をいれて

おしまいです。

ノーマル

021a

というわけで、わたくしチグリッパ…orzがどうやってるのかを確認するために過程を見ていきましたが

役に立つTipsとか皆無で始終テケトーのまま、

ドロシーお嬢様の如く華麗にはいかないもので

奥儀とか必殺技とか、カポイーラとかをサクっと会得したいなぁと切に願う今日この頃です。

■追記

流転四界のKyotaroさんのSTUDYがアップされていますね。

ネーチャンの衣服引っぺがし系のわたし(チグリッパ…orz)と真逆の、秋らしいテイストすね。

さらっと文章で触れられているので見過ごしがちですが

人物レイヤーを2枚コピーし描画モードをソフトライトとスクリーンに変更して肌のメリハリをつける

このネタはきわめて汎用性が高く制御も容易です、以前お聞きしたことがあるのでわたし(チグリッパ…orz)も

多用してます。過程のごく一部の解説ならば目にすることがあっても、元がVOLTさんのSTUDY用の

既に原型を留めていないレタッチ後の素材ということも差し引いても、通しで解説されているのはPoser的にあまりないかと思います。

白をチャンネルカラーで変更するのは知りませんでした。あと「スパッツ」のレイヤーを逆にする方法とか、ひとつの解答ですね。

■でもって、YukikazeさんのSTUDYCasiopeaさんのSTUDY がアップされています。

加重のかかり方からの足のポーズの組み換え、シルエットにしたときの見栄えということに気がつかされます。

Poserは「POSE」ありき ということでしょうか。Yukikazeさんは過程を徐々にアップされるようなので要フォローです。

カシ…カツオブシさんは、「無茶しやがって」としか…しかし、ふざけているように見えて(ふざけていると思いますがw)、あれをどうやってるのか片鱗も見せない腹黒さは「情け容赦無し」ですね。

惜しげもなくあられもない姿を披露されています。

■はい、JEZZさんのSTUDYがアップされてます。

「ルールご無用」

「破壊力さらに倍」

「そうやって、いつもおいしいところ全部持って行ってしまえばいいんだ!」と毒付きなたくなりますねw。

ちなみに私の名前(HN)…「チグリッパ…orz」はマジで勘弁してほしいっす。

hideout