おいらは華の落ちこぼれ

その気も無いのに無理すんな、というわけでPoor Man’s HDRIを使ってみました。
http://www.morphworld30.com/tutorials/hdri/PMHDRIa.html
既にチュートリアルのページがなくてなっていますね、そういうことなんです。

必要なもの
Poser Pro Pack or Poser 5
Photoshop 6 or above
Stewer’s HDRI Python Script
HDR Shop
LightGen Plugin for HDR Shop
My Image Prep Photoshop Actions
てけとうな素材写真

このうちPhotoshop Actionsだけ入手不可になっています。
とりあえずミラー化リサイズした画像をPhotoshopとかで加工保存すればいいと思います。

つくるのまんどくさければこれどうぞ

img_2637

LightGen Plugin for HDR ShopをPluginsフォルダに入れたHDR Shopでその画像を開き、
そのまま「OK」を押してLightGenを呼び出し以下の図のようにしてExcuteします。

hspr

Output File Nameでテキストファイルを名前をつけて作成保存しておきます。
Number of Light Sources shouldはデフォの20が推奨(10-40でもいいじゃね?のようです)
Scale total light OutputはON
Desire total Light Intensityは1.1から1.5をEric VanDycke氏はよく使用したようです。

Poserに上のStewer’s HDRI Python Scriptを設置してあるとして
すべてのロードしてあるライトを削除して
HDRIスクリプトを実行>名前をつけて保存したテキストファイルを読み込みます。
でもってレンダリング

背景写真を置いただけ無調整

背景写真を置いただけ無調整

ちょっと赤すぎ。

背景にリサイズ前の元画像を読み込んでおくとライトの加減がよくわかるし、
加工した「Poor Man’s HDRI」画像にホワイト描き込んだり彩度とか弄ったりして調整したりなんかするようです。

減らして15灯だしレンダリンング遅いよ・・・影アリだし調整はパスでw

と、おもいっきり端折ってますが、

これでKozaburoさんのNikita2で使われた同種のライトで遊べましたさー。

ゑ?My Image Prep Photoshop Actionsがどこにあるかって?そんなこたしらねーですさーw

でもって再現するのもめんどくせぇ人用に、でけたそのライト(今はIBL実装済みだしもう使わないスよね)

(このPoor Man’s HDRI再現に多大なご尽力をされたダンスホールマスターことคุณหน้ากาก.ขอบคุณพิเศษ!)

hideout