2

ทดลอง

いきなりネタがつきましたので何か適当にやってみよーとおもいます。

ほんとはPoosr Mans HDRIをするはずでしたがLight GenがVista x64上で正常にジェネレートできなくて断念しました。

(ああ、使い方間違ってたました…T2さん~ 209*06*02追記)
昨日IBLを使って見て、そういえばいままでIBLを数回しか使ったことがないことに気がつきました。
ということで今日(日付変わったけど)は急遽、物知らぬバカが感覚だけでIBLを弄ってみようと思います。
だからTIPSではありません。訊かれても何もわかりません。むしろこっちが訊きたい。

IBL_Test

上の文字をクリックするとDL(今回使用したIBL)
ibl_img001
IBL_Test01は付属の背景用にとりあえず設定、hl.jpgはプレビュー用に水平線を適当にだしたものです。
フィギュアをロードしてガイドを出したりして適当に合わせました、床は合ってませんがわたしは気にしません。

でもって確認用に背景写真ごとレンダリング

ibl_img002

肌のいろはスキンとかシェーダごとに変わるだろうし気にしませんでした。
人物と影をレンダリング、Photoshopで合体して色とコントラスト調整して思いっきりクロップしておしまい…そしておもいっきりレタッチ失敗したw

ibl_img003

ついでにIBL_Test02と03をこしらえてみた。
これには特定の背景を設けてません。
ライトだけ入れ替えのレンダリングをしてみました。

上から順にIBL_Test01、02、03を使用したレンダリング画像
ibl_img004
ibl_img005
ibl_img006
一枚目の01に影を設定するの忘れてますが、01がいちばん好みな感じです。02はいまいち。
ライトをロードしただけの向きとかの調整してないので、ひかりのまわり方の違いなのかもしれませんが。

つーわけで今までIBLは「アタリ」がプレビューで確認できないから使わなかったけど、こういうblogのネタ画像とか短時間でサクっとつくるのにも向いてるかも?と珍しく何かを得た錯覚を味わえました。まー根本的にIBLの使い方を間違ってるかもしれないがなーw

ついでに02と03のIBL以外のライトの向きを変えてみました。レンダリング画像が眠いけどレタッチ前提だとなんかそんな感じスよね。

うえから02,03の順。

ibl_img005_1
ibl_img006_1

02も使えなくはないかも。

いつかはIBL2灯にも挑戦してみたいですが、どのようにすれば良いものなのか今は思いつきません。

あと、このフィギュアを使用した理由はライブラリの一番上にあったからです。

それとファイルをZip化しただけで検証してないから使えるかどうか知らねーです。

hideout

2 Comments

  1. lightgenプラグインが”Error, plugin does not exit when queried for parameters”ってエラーを吐いた時にはOKをクリックすれば続行します。(既知の問題のようです。)
    Vista x64でも動きました。

  2. T2さんこんばんは。
    はい、そのエラーは一度出ました。
    あー自己解決しました。
    Number of Searches を-5と入力してました。
    標準の5であれば正常にテキストに書き出しができました。ありがとうございます。

Comments are closed.